ダイキン業務用エアコンのエアコンフィルター自動掃除機能「オートクリーン」

この当該機能は、エアコンが運転中にフィルターにホコリが付くとエアコンが自動でホコリをかきとり、室内機ファンの風でダストボックス内に自動で回収する機能です。当該機能が付いたエアコンは、ホコリ検知センサーでホコリの量を常に見張っています。ホコリの量が室内に多くなると、室内機のLEDランプが点灯します。リモコンにはホコリの回収手順も表示されます。ホコリを自分で回収するのは、年間一回が目安になります。年間一回というのは、年間運転時間2500Hrで計算しており、一般的な事務所等の年間ホコリの量に相当します。店舗等で使用している場合には、年間2回程度での想定となっています。オートクリーンで対応できなかった場合でも、掃除機で簡単にホコリを回収できます。専用の接続官を掃除機につなげて、エアコンのダスト回収口からホコリを吸い出すだけです。ダストボックスの取り外しは不要です。普段の掃除のついでに簡単にホコリの処理が行えます。この様にダイキンの業務用エアコンでオートクリーン機能がついている機種は掃除が非常に簡単です。

Just another WordPress site