家庭用エアコンとは異なる、業務用エアコンの移設費用について

業務用エアコンは、サイズや耐久性などの面から、家庭用エアコンとは異なる製品となっていますが、動力面において、家庭用エアコンが単相100V、単相200Vなのに対し、三相、いわゆる動力電源を使用していることに大きな違いがあります。パッケージエアコンと表示されている場合も多く、主に、オフィスや店舗、ビルや大型施設などで利用されています。移設に関しては家庭用エアコンとは異なり費用がかかることになり、基本的には人件費、材料費、経費から算出が行われることになります。ただし、業務用エアコンの場合には、設置されていた場所によっては、他に復旧工事が必要となることがあり、、例えば、天井埋込タイプなどでは、冷媒配管処理やドレイン管処理、電気設備などの他に、内装工事にも費用がかかることになります。この場合、建築物の用途や内装面から部分的な復旧が難しい場合が多く、全面的な改装が必要となることもあります。具体的な費用としては、1例として、1日当たり2名による作業で約40,000円程度かかることとになり、材料費としては、1台あたりの費用として約35,000円程度が必要となります。経費に関してはガソリン代などが該当しますが、依頼をする場合には、どのような内容が含まれているのかを確認しておく必要があります。業務用エアコンの移設においては、専門性が高いことから、必ずノウハウのある業者に依頼をすることが大切なことになりますが、ここでの注意点としては、移設ができず新設が必要となってしまった場合があります。この場合には、必ず、処分費が計上されているのかどうか確認をすることが必要になります。

Just another WordPress site