エアコン、ルームエアコンの2015年のシェアはどうだったか

最近の夏は地球温暖化のせいか、全国的に猛暑日が増えてきました。猛暑日が増えるにつけてエアコンは欠かせないものになり、ルームエアコンの需要も増えてきております。最近のエアコンやルームエアコンは機能性も豊かになり、何よりも特筆すべきことは省エネタイプに移行したことでしょう。
その様なエアコンやルームエアコンの2015年のシェアについてはどの様なものだったのでしょうか。各メーカー共に人気があるので特別に1社だけが抜き出ているという事は無いようです。その中で人気があるのがパナソニックにダイキンが少し抜け出ているようです。パナソニックは松下電工の時代から人気があり、ダイキンは業務用エアコンに特化していましたがルームエアコンもその影響で人気があるようです。次に人気があるの三菱電機や日立そして東芝などの老舗の家電メーカーでしょう。日本の家電メーカーは昔から技術力が高く世界的にも人気がありましたが、価格の安い製品が好まれるようになり韓国製や台湾製に押されるようになってきました。しかし日本国内ではまだまだ日本の家電メーカーの方が人気があり、シェアも日本の家電メーカーの製品が上位を占めているようです。各メーカーを比較して機能性や省エネでどの家電メーカーの製品を選ぶかは、人それぞれの好みや昔からのイメージによるものも多いようです。ただ日本の家電メーカーの製品でもコストダウンのために、海外で製造されているのもあるので気になるようでしたら確認する事です。

Just another WordPress site